正社員と派遣の違いについて

専業主婦の方でも、家計が緊迫してしまえば必然的に仕事をする必要が生まれます。しかし正社員として復職した場合、多くのデメリットも生まれるのが現実です。正社員は責任ある仕事であり、一度企業に就職すれば企業の利益のために残業を求められる事もあります。そんな中、家に介護が必要な家族がいたり小さな子供がいたりすれば、できるだけ残業は行ないたくないものです。

そのような方は、ぜひ派遣社員として復職してみましょう。派遣社員はパートよりも責任ある仕事を任せてもらえる仕事ですが、正社員のように残業を押し付けられる事はありません。その場に正社員の人達がいれば、優先的に帰してもらえます。他にも正社員として勤務していれば、職場で様々なトラブルに巻き込まれる事があるものです。会社が傾けば給料が遅延したり、上司のパワハラから悩まされる事もあるでしょう。しかし派遣企業に登録して働けば、こうした問題は登録先企業に訴える事ができるのです。特に給料の遅延や待遇の問題が発生した際、トラブル解決に向けて動いてもらえるので安心です。

また職場の人間関係が合わない時にも正社員のように長期間勤務をする必要がありませんので、契約の終了まで我慢すれば退職する事が可能です。もちろんその後の新しい就職先も登録企業から紹介してもらえますので、ブランクが開く心配もありません。派遣は自分の事情に応じてフレキシブルに働ける雇用形態なのです。